wonder beeのブログ

アクセス解析・Web解析、Google Analytics(Universal Analytics)を中心にWebに関すること書いています。

【グーグルアナリティクス】複数タブでのナビゲーションサマリー

   

こんばんは。
ワンダービーの阿部です。

今日はナビゲーションサマリーにおいて、ユーザーが複数タブで行動した時の結果について書きます。

検証方法

検証環境は外部からのアクセスがない実験環境で行いました。

検証方法は下記のとおりです。

  • A,B,C,Dの4つのページを作成
  • AからB,C,Dへのリンクを含む
  • B,C,Dはリンクなし
  • AよりB,C,Dの順に新規タブでページを開く

商品一覧ページ(A)と商品詳細ページ(B,C,D)をイメージをしてもらえるとわかりやすいと思います。

また、例によって、ブラウザの更新(F5)をするとページビューはどうなるのか?でも使っている、utm_sourceを使ってセグメントしています。

結果

ナビゲーションサマリーの結果は、「A→B→C→Dの順に閲覧した」という結果になりました。

B→CやC→Dへのリンクは存在していないので、ユーザーが複数タブで動作を行ったことがわかります。

まとめ

内部の処理がどうなっているかはあくまで推測の域をでませんが、
ナビゲーションサマリーの動作に関しては、今のページのURLと次のページのURL、その次のページのURLというような方法でつなげていっていると考えられます。

すなわちリファラー情報に関しては、ナビゲーションサマリーでは使用していないと考えられます。

以上!

 - グーグルアナリティクス